MRI・CT完備
日本頭痛学会専門医取得医師在籍クリニック

〒470-0343
愛知県豊田市浄水町伊保原173-1

TEL:0565-43-3688

豊田市の内科,外科,リハビリテーション科,脳神経外科 むつおクリニック

診療案内

院長ブログ

健康診断 各種検査

求人情報

HOME»  診療案内

内科

どのような症状でもおまかせください。

患者さんお一人ひとりに向き合い、血液検査やCT、X線等の医療機器で、原因の究明や症状の軽減につとめていきます。

発熱
風邪や肺炎の可能性があります。
頭痛、めまい、しびれ
脳神経疾患の可能性があります。
吐き気や下痢
急性胃腸炎や胆石症などの可能性があります。
発疹
アレルギーなど皮膚の病気だけでなく、内蔵の病気の可能性もあります。
お腹の痛み
胃潰瘍、大腸炎、腸閉塞等内蔵の病気の可能性があります。

また脳や心臓血管の病気の予防のため、生活習慣病(糖尿病や高血圧、高脂血症など)の治療も行います。

外科

どのような怪我でもおまかせください。

  • 打撲
  • 切り傷
  • やけど
  • 皮膚疾患など

特に脳神経外科専門医として、頭部外傷やむちうち・腰痛など脊椎疾患には、CTやX線等の医療設備を用いて診断治療にあたります。

リハビリテーション科

脳神経疾患や怪我で手足が不自由な方、しびれや痛みのひどい方でもおまかせください。

脳神経外科・脳卒中専門医としての的確な指示のもと、温熱牽引電気刺激などの物理療法を行ないます。脳神経疾患等で手足が硬くなってしまった患者さんには、ボトックス注射により硬くなった手足を柔らかくし、痛みを軽減して動きやすく治療を行っていきます。

脳神経外科

頭痛・めまい・しびれ・物忘れに苦しんでいる方もおまかせください。

脳神経外科・脳卒中専門医として、脳神経系疾患には力を入れて診療していきます。
患者さんの神経学的診察が最も大事と考えていますが、診断にはCTやX線がなくてはならない医療設備と考え、診療を進めてまいります。
当院はマルチスライスCTだけでなく、2017年1月にMRIを導入いたします。

詳しくはこちら

ボトックス治療

ボトックス治療は、脳卒中後遺症や、頭部外傷・脊椎損傷などにより、手足の筋肉のつっぱりやこわばりに対して、効果がある治療法です。
緊張した筋肉へ緊張を和らげる薬剤(ボツリヌス菌が作り出す天然のたんぱく質を成分とする薬)を注射して、つっぱりを軽減させ、関節が固まって動きにくくなるのを予防します。ボトックス治療を行った後、リハビリテーションを組み合わせて継続して行うことで効果が期待されます。
効果は、注射後2~3日後から徐々にあらわれ、通常3~4ヵ月間持続します。
その後、徐々に効果が弱まってしまうので、効果を継続したい場合は反復した注射が必要となります。
効果の持続期間には個人差があるので、医師と症状を相談しながら、治療計画を立てていきます。

わき汗治療

当院ではボトックス注射による治療を行っております。症状によっては健康保険で治療を受けられることがあります。
わき汗で以下の内容に頻繁に当てはまり、「日常生活に支障を感じる」場合は、ご相談ください。

  • わきに汗ジミができて人目が気になる
  • グレーなどわき汗が目立つ色の服は好きでも着られない
  • 汗で服がはりついてしまうためゆったりした服ばかり選ぶ
  • わき汗が気になり、学業や仕事に集中できない
  • わき汗でシャツを着替えることが多く、手間が大変
  • 白シャツや下着のわきの部分が黄ばんでしまう
  • 汗のにおいが周囲に不快感をあたえているのではないかと不安で仕方ない
  • わき汗が気になり、1日に何度も制汗剤を塗りなおす
  • わき汗パッドやタオルが手放せない
  • 緊張するとわき汗が出はじめ、意識するともっと出る

肩・ひざ関節症

運動のしすぎによる関節の痛み、加齢や運動不足による関節の変形、 また、肥満による関節への負担などで関節に何らかの炎症が起こり表れる痛み。 加齢とともにヒアルロン酸は低下していくことによって、 軟骨のすり減りが進んでしまい炎症を起こしてしまいます。
当院ではヒアルロン酸による関節内注射だけでなくリハビリのご対応もしておりますので お気軽にご相談ください。
関節内注射による効果は下記になります。

  • 関節の痛みを抑える
  • 炎症を抑える
  • 関節の動きを良くする
  • 軟骨の変性(すり減りなど)を抑える

AGA(男性型脱毛症)

思春期以降に額の生え際や頭頂部の髪が、どちらか一方、または双方から薄くなっていきます。AGAは一時的なものではなく進行性の脱毛症のため、放っておいても治ることはありません。
主な原因として、一般的に男性ホルモンや遺伝の影響などが考えられています。

  • 抜け毛が多く、細い髪の毛も抜けるようになった
  • 髪の毛にコシがなくなり、細くなった
  • 頭皮が脂っぽくべたついている

上記のような症状がある方はAGAが進行している可能性があります。
少しでも何か気になると思った方は、一度ご相談ください。

禁煙外来

喫煙は、たばこに含まれるニコチンによる「ニコチン依存症」という病気です。喫煙者のうち、約7割の人がニコチン依存症だと言われています。
禁煙の方法として、自分の力で禁煙する方法と、ドラッグストアで市販されている禁煙補助剤を利用する方法、医療機関で医師の指導のもと禁煙補助剤を利用する方法の3つがあります。
2006年4月からは、医療機関での禁煙治療に保険が適用され、一定の条件を満たした人は、医師の指導のもと禁煙外来で適切な治療を受けられます。当院でも内服薬を用いた治療薬を取り扱っております。禁煙を効率的にサポートいたします。

PAGE TOP