MRI・CT完備
日本頭痛学会専門医取得医師在籍クリニック

〒470-0343
愛知県豊田市浄水町伊保原173-1

TEL:0565-43-3688

豊田市の内科,外科,リハビリテーション科,脳神経外科 むつおクリニック

脳神経外科

院長ブログ

健康診断 各種検査

求人情報

HOME»  脳神経外科

脳神経外科とは

気になる症状があってもどのようなときに、受診したらよいのかわからない、また、脳神経外科ってちょっと行きづらい。など受診を先延ばしにされる方もいるでしょう。脳神経外科は決して特別なところではありません。
下記のような症状があるときは、お気軽にご相談ください。
 

頭痛

頭痛は脳神経外科の外来で一番多く、様々な症状があります。詳しくはこちら

 

めまい・ふらつき

ふわふわと浮いたような感じで、座っていてもふらつくといった症状の場合、脳からくるめまいの可能性が高くなります。
脳出血、脳梗塞、脊髄小脳変性症、脳腫瘍などが疑われますので、早めの受診をおすすめします。

 

手足の痺れ・拘縮

脳が原因のしびれには、身体の片側のみに現れることが多くあります。
脳出血や脳梗塞による脳血管障害や、脳腫瘍が疑われます。ろれつが回らない等、麻痺を伴う場合は至急脳神経外科にかかってください。

 

顔面痙攣

顔の片側が激しく痙攣したり、顔の片側が発作的に激痛を生じる病気です。当院では顔面痙攣に対し、ボトックス治療を行っております。


 その他、意識障害や耳鳴りがする・もの忘れがひどい・家族の中に脳卒中を患ったことのある方など、気になる症状がある場合はご相談ください。

頭痛

頭痛はありふれた病気で、原因は患者様によって様々です。頭痛の多くが命にはかかわらないものですが、一部にはくも膜下出血や脳出血、感染症、脳腫瘍といった脳の病気により引き起こされる命にかかわる危険な頭痛があります。

一次性の頭痛

他の病気を伴わないず繰り返す頭痛で、いわゆる「頭痛持ちの頭痛」です。
代表的なもので、片頭痛、緊張性頭痛、群発頭痛が挙げられます。

緊張性頭痛

首や肩などの筋肉の緊張により、血流が悪くなり痛みが起きる頭痛です。
長時間のデスクワークや長時間の運転など同じ姿勢を続けることによる身体的ストレスや、対人関係や仕事、家庭で悩み等による精神的ストレスが原因と言われています。

片頭痛

頭の片側あるいは両側がズキンズキンと脈を打つような痛みのある頭痛で、吐き気などを伴うこともあります。
20~40代の女性に多く女性ホルモンのバランスの変化や、疲労やストレスなどが原因と言われています。

群発頭痛

一定期間に集中して、目の奥や頭部の片側に起こるもので、「目をえぐられる」ような激しい痛みを感じます。
20~30代の男性に多いのが特徴です。

二次性の頭痛

脳の病気が原因で起こる頭痛です。代表的な病気としては、くも膜下出血、脳出血、脳腫瘍、髄膜炎などがあります。迅速に原因の疾患を診断し、治療を開始しなければなりません。

くも膜下出血

「くも膜下出血」は脳動脈瘤の破裂などによって血管が破れ、脳を覆うくも膜と軟膜のすき間に血液があふれてしまう病気です。突然の激しい頭痛を感じ、吐き気・嘔吐、痙攣発作や意識喪失を伴うこともあります。

脳出血

「脳出血」は脳の動脈が破れて脳の中で出血し、血液のかたまりができることにより脳を内側から圧迫するため頭痛を起こします。
徐々に痛みが強くなり、手足のしびれや力が入らない、言語障害や視野障害を起こしながら、意識障害を起こします。

脳腫瘍

頭全体か頭の一部で圧迫感や鈍い痛みが続き、突然の嘔吐や、痙攣発作が起こるようなときは、「脳腫瘍」が疑われます。起床時に痛みが強く、起床後しばらくすると軽減するのが特徴です。

髄膜炎

「髄膜炎」は、ウイルスや細菌の感染により炎症を引き起こし、高熱がでて首筋が硬直し、後頭部の激しい頭痛を伴います。痙攣や意識障害などの症状が起こることもあり、診断・治療が遅れると死に至るケースもあるので迅速な対応が必要です。

慢性硬膜下血腫

頭をぶつけた後などに、徐々に血腫ができ、頭蓋内の圧が高まり脳を圧迫ます。頭にけがをしてから数週間後に痛みがじわじわと現れ、徐々にひどくなります。歩行障害、手足の麻痺、物忘れなどの認知機能障害が出てきます。

PAGE TOP